イングリッシュラベンダーと呼ばれているラバンジン

毛穴ケア化粧品
 
葉03ハーブがごく一般的になって現在では数多くのハーブを上手に生活の中に取り入れることができるようになりました。

 

ハーブといえばラベンダーのアロマオイルの甘い香りを連想する人は少なくありません。交配種など数多くの品種が存在し、その主な形状などからいくつかのグループに分類されます。

 

そして耐寒性や耐暑性などの性質もそれぞれに異なります。耐寒性が強く香りがよいスパイカ系、対暑性は強く耐寒性は劣り、花穂の上に大きなリボンのように花をつけるのが特徴のエストカス系は主に観賞用として親しまれています。
ニキビ化粧水
 

そしてコモン系とスパイク系を交配したもので、その両者の性質を受け継いでいるのがイングリッシュラベンダーと呼ばれるラバンジン系です。コモン系よりも対暑性が強く、代表的なものとしてはグロッソ、スーパーセビリアンブルーなどがあげられます。

 

種ができない種類であることが多いのも特徴の一つです。栽培のためには種からの栽培は難しいので苗を購入して育てるのが一般的で、日当たりと風通しや水はけの良い所を選んで乾かし気味に管理します。

 

そして酸性の土を嫌うので植え付けの1週間から2週間前に石灰を漉き込んでおくと効果的です。蒸れと過度の湿気に注意する以外には管理は特別難しくはありません。アロマオイルは特に柑橘系の香りとの相性も良く、深い癒し効果を得ることができます。