未分類

ラベンダーに似た香りの精油の中にラバンジンと呼ばれているものがあります。甘美で、くっきりとした香りが特徴的です。真正ラベンダーと、スパイクラベンダーが自然交配をして生まれたヨーロッパ産の雑種で、カンファーという成分が多く含まれているのが特徴です。この精油を使った不快な水虫対策におすすめなのが、ブレンドオイルです。ティーツリーの精油、ガーリック、を4滴、6滴、1滴の割合でブレンドしていきます。ティーツリーはオーガニックのものを使うことをおすすめします。そして、キャリアオイルとしてオリーブオーガニックバージンや、アーモンドオイルを60ミリほど用意して混ぜ合わせていきます。できあがったオイルを、患部に塗布することで効果があらわれてきます。お風呂場では、浴室の床に数滴たらしてシャワーを浴びるのもおすすめな使い方です。アロマ空間ができあがります。ブレンドオイルを作ったら、日の当たらないところに保存し、保存するビンはなるべく濃い色のついたものを選ぶと良いでしょう。太陽をさえぎることができるからです。また、オイルの消費期限はきちんと守ることも大切です。天然のオイルで、水虫対策に是非役立ててくださいね。

肉体疲労や、筋肉痛、神経痛に効果的な精油のブレンドがあります。ラベンダーの香りと効能に似たラバンジンというエッセンシャルオイルに、ユーカリ、シトロネラ、スイート・オレンジをブレンドしたものです。これらのオイルを数滴まぜ、オリーブオイルやジェル基剤に混ぜて、痛む患部に塗ることで効果を実感することができます。ユーカリのエッセンシャルオイルは、清潔感のある香りで、クールな印象をもたらします。高ぶった感情を抑えて冷却してくれる働きがあります。また、抗菌特性や、消臭効果にもすぐれているのが特徴です。シトロネラは、レモンに似た強い香りが特徴的で、虫除けなどにも使われています。これらの強い香りを、ブレンドすることによってまろやかさが生まれ、使いやすい香りになります。足が痛む場合は、洗面器にブレンドオイルをたらし、フットバスとして足浴をするのもおすすめです。全身の疲れには、お風呂のゆぶねにオイルをおとして香りをたっぷりとすいこみながら入浴をすることをおすすめします。心の緊張をときほぐして、筋肉の凝りなどをゆるめていくことができます。また、胃腸にもすぐれた効果を発揮しますので、疲れで食欲不振のときなどにも役立ちます。

ラバンジンの精油は疲れた体を癒したり、呼吸器等の異常回復、関節の痛みを抑えたりする作用があるとされています。
加えて、精神安定や眠気を抑える精神的な効能も認められています。
このように様々な効能が期待できるラバンジンの精油ですが、使用上の注意点があります。
それは大量に使用しないこと、妊娠中や敏感肌の方は避けるようにすることです。
大量に使用することは、いかなる薬品にとっても間違った使い方です。
少量では薬のような効能を示すラバンジンも、大量に使用してしまうとめまいや吐き気などを起こす可能性があります。
そのため、必ず適用を使用するようにしましょう。
また、妊娠中の方はお腹の中の赤ちゃんへ与える影響も考えられます。
直接的な影響がなかったとしても、母体に影響が出た場合、必要な処置を取れないことや、流産の危険性があります。
この為、妊娠中の使用はなるべく控えるようにしましょう。
敏感肌に関しては、直接肌に触れるようなことが無くても、噴霧された精油で肌が荒れてしまう可能性もあります。
特に心配な方は、初めにお店でパッチテストをすることで、利用が可能かどうかが分かります。
以上のように、正しく使いラバンジンの効能を実感しましょう。

ラバンジンとはラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種で、シソ科の植物です。 抽出部位は葉と花部分になります。 主な産地はフランスです。 芳香は真正ラベンダーよりも少し刺激的できりっとしたクリアなフローラル調です。 ラベンダーと同じ用途で使用することができますが、リラックス効果よりもリフレッシュ効果の方が期待できます。 ラベンジンの芳香は、心の疲れを取り去り爽やかにリフレッシュできます。 抗うつ作用も期待できます。 また、スキンケアにも効果的です。 石鹸や化粧水に入れるのがオススメです。 傷や湿疹の痕を治す効果もありますので、クリームや軟膏などを手作りしてみるのも効果的です。 入浴する際に湯船に数滴入れるのも良い方法です。 リラックス効果だけでなく、身体的な作用もあるからです。 特に筋肉のこりに効くと言われており、関節の痛みなどを緩和する働きもあります。 喉の痛みや咳にも役立ちます。 呼吸を楽にしてくれると言われており、去痰作用も期待できます。 ブレンドするのに相性の良い精油は、スイートオレンジやカモミール、イモーテル、ユーカリ、ティートリーなどです。 ぜひ、お好みの精油とブレンドして色々な方法を試して、効果を実感してみてはいかがでしょうか。

 

ラバンジンはラベンダーの1種で自然交配してできたものです。フレンチラベンダーとイングリッシュラベンダーというものが、交配してできたもので高地で生育しているラベンダーは、最も上質のものです。ラバンジンは高地のラベンダーと低地で生育するラベンダーの中間地点で生育しています。ラベンダーの中では効果や効能が低いのが特徴ですが、もとの両親よりも体は丈夫で大きいという特徴があります。しかし香りは、イングリッシュラベンダーよりも刺激的で香りが強いという特徴があります。大きな特徴は精油が多くとれることです。昔は高級ラベンダーの香りが弱い時に香りを強めるために加えるために使われていましたが、現在ではラバンジン精油としてラベンダーに代わるものとして、使われています。ラバンジン精油はお肌の傷のを治す効果があります。火傷や炎症などはだにトラブルがある場合は、おすすめの精油です。また他の精油とのブレンドで水虫などの皮膚病を治すことが出来ます。ブレンドの違いで様々な皮膚疾患に対応することが出来ます。皮膚が炎症でカサカサしてしまってもラバンジン精油をブレンドしたものを塗布すれば治りが早くなります。他にも筋肉痛にも効果があります。

 

ラバンジンやラベンダーの香りは精神面のリフレッシュや気分転換以外にも、身体面への効能が期待できます。
身体への効能は様々で、筋肉痛などの筋肉疲労や、腰痛、頭痛、また関節痛やリウマチなどにも効果があります。
使用方法は適量の精油を火にかけて、蒸気を出します。
そうすることで部屋全体に香りが漂い、身体への効果が期待できます。
また、少量を手に取り、身体に直接つけることもできます。
直接肌につけるて肌にしみこませることで、より関節痛や筋肉痛、リウマチなどへの効果が期待できます。
ただし、身体に直接つける場合は、肌に湿疹や腫れ、異常がないかを確かめてから使用するようにしましょう。
また、異常が見られた場合は直ちに使用をやめて、水で洗い流すようにし、医師に診てもらうようにしてください。
また蒸気を吸う場合にも、大量に使用すると、肺や咽喉に悪影響を及ぼす可能性があります。
また、めまいや吐き気などをもよおす場合もありますので、そのような時は直ちに使用をやめて、換気をするようにしてください。
何事も適量が効果を知るための条件です。
以上の注意を良く守ってから、身体の痛みを和らげるような使い方をしてみてはいかがでしょうか。

ラベンダーの香りには痛みを和らげる効能や、眠気を取り払いリフレッシュする効能があります。
このように精神面にも働きかけるラベンダーの香りは、勉強や仕事での気分転換や集中力を高める効果が期待できます。
加えて、眠気を抑えることができるため、夜遅くまで受験勉強や仕事をする人などには最適です。
しかしながら注意点としては、あまりラベンダーの香りだけに頼りすぎてはいけません。
身体を休める時にはしっかりと休めなければ、身体を傷つけることになりかねません。
健康を害してしまっては、受験勉強や仕事をする意味が失われてしまいます。
このようなラベンダーの香りを眠気覚ましに使う場合には用法容量を守って、無理をしないように心がけましょう。
また、運転中などに、このラベンダーの香りを嗅いで運転することは、非常に身体への負担を高めてしまう可能性があるので控えるようにしましょう。
大量に使用するのは身体を傷つけてしまうばかりか、健康を害する可能性があるので絶対にしないようにしましょう。
あくまでラベンダーの香りは、気分転換をしたいときや、頭をリフレッシュしたいときに少量の精油を使い香りを楽しむように使う方がよいでしょう。
容量を守れば非常に精神のリフレッシュに役立てられます。

ラバンジンとラベンダーはまず、見た目が違います。ラバンジンの方が、小ぶりで色素の薄い花をつけます。そして、一番大きな違いが、精油に含まれている成分です。ラバンジンの精油の成分には、「カンファー」と呼ばれるものが含まれています。この成分が含まれているかいないかが、大きな違いになっています。ラバンジンにはこの成分が数~15%ほど含まれています。カンファーが含まれていることによって、シャープで刺激的な香りとなり、リフレッシュできる精油といえます。この香りは、のどや鼻といった呼吸器系の不調に効果的です。咳やインフルエンザで呼吸が苦しいときなど、粘液を速やかに取り除く作用があります。特に咳が酷い場合は、芳香欲で用いるとよいでしょう。アロマライトやディフューザーで香りを広げて使用します。他にも瘢痕形成作用が強く、傷を治すうえでも役立ちます。皮膚炎や湿疹などの痕をきれいに治します。また、こころの疲れにも効果があり、集中力が低下した際にリフレッシュさせてくれます。ラバンジンの精油だけでは、香りがもの足りないという人は、他の精油とブレンドしてください。ラバンジンは様々な精油と相性がよく、よりその香りが引き立つといわれています。

ラバンジンは真性ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種です。ラベンダーとの違いは鎮静効果が低いという点で、リラックス効能はあまりありませんが、気分をスッキリさせる効果があります。元気にさせる作用を持ったオイルなのです。ラバンジンのオイルには、芳香成分として1,8-シネオール、リナロールという成分が含まれています。この中の1,8-シネオールはローズマリーやユーカリなどのオイルにも多く含まれており、呼吸器系に対して効果的な成分です。そのためラバンジンは、咳や気管支炎などに使用されることが多いです。またラバンジンは筋肉痛や関節の痛み、肩こりも改善してくれます。また皮膚の回復作用を持ちますので、やけどや切り傷などの手当てにも役立ちます。効能はラベンダーとよく似ていますが、ラバンジンにはカンファーという成分が多く含まれているので、香りはラバンジンのほうが、より強い感じです。ラバンジンは真正ラベンダーより収穫量が多いので、ラベンダーの代わりとして フランスなどで広まっています。またラバンジンは清潔感のある香りが特徴ですので、トイレタリー関係やヘアケア製品、石けん、洗剤などにを中心に使われることも多いです。。