ラベンダーとの違い

ラバンジンとラベンダーはまず、見た目が違います。ラバンジンの方が、小ぶりで色素の薄い花をつけます。そして、一番大きな違いが、精油に含まれている成分です。ラバンジンの精油の成分には、「カンファー」と呼ばれるものが含まれています。この成分が含まれているかいないかが、大きな違いになっています。ラバンジンにはこの成分が数~15%ほど含まれています。カンファーが含まれていることによって、シャープで刺激的な香りとなり、リフレッシュできる精油といえます。この香りは、のどや鼻といった呼吸器系の不調に効果的です。咳やインフルエンザで呼吸が苦しいときなど、粘液を速やかに取り除く作用があります。特に咳が酷い場合は、芳香欲で用いるとよいでしょう。アロマライトやディフューザーで香りを広げて使用します。他にも瘢痕形成作用が強く、傷を治すうえでも役立ちます。皮膚炎や湿疹などの痕をきれいに治します。また、こころの疲れにも効果があり、集中力が低下した際にリフレッシュさせてくれます。ラバンジンの精油だけでは、香りがもの足りないという人は、他の精油とブレンドしてください。ラバンジンは様々な精油と相性がよく、よりその香りが引き立つといわれています。