お肌への作用

ラバンジンはラベンダーの1種で自然交配してできたものです。フレンチラベンダーとイングリッシュラベンダーというものが、交配してできたもので高地で生育しているラベンダーは、最も上質のものです。ラバンジンは高地のラベンダーと低地で生育するラベンダーの中間地点で生育しています。ラベンダーの中では効果や効能が低いのが特徴ですが、もとの両親よりも体は丈夫で大きいという特徴があります。しかし香りは、イングリッシュラベンダーよりも刺激的で香りが強いという特徴があります。大きな特徴は精油が多くとれることです。昔は高級ラベンダーの香りが弱い時に香りを強めるために加えるために使われていましたが、現在ではラバンジン精油としてラベンダーに代わるものとして、使われています。ラバンジン精油はお肌の傷のを治す効果があります。火傷や炎症などはだにトラブルがある場合は、おすすめの精油です。また他の精油とのブレンドで水虫などの皮膚病を治すことが出来ます。ブレンドの違いで様々な皮膚疾患に対応することが出来ます。皮膚が炎症でカサカサしてしまってもラバンジン精油をブレンドしたものを塗布すれば治りが早くなります。他にも筋肉痛にも効果があります。