使用上の注意点

ラバンジンの精油は疲れた体を癒したり、呼吸器等の異常回復、関節の痛みを抑えたりする作用があるとされています。
加えて、精神安定や眠気を抑える精神的な効能も認められています。
このように様々な効能が期待できるラバンジンの精油ですが、使用上の注意点があります。
それは大量に使用しないこと、妊娠中や敏感肌の方は避けるようにすることです。
大量に使用することは、いかなる薬品にとっても間違った使い方です。
少量では薬のような効能を示すラバンジンも、大量に使用してしまうとめまいや吐き気などを起こす可能性があります。
そのため、必ず適用を使用するようにしましょう。
また、妊娠中の方はお腹の中の赤ちゃんへ与える影響も考えられます。
直接的な影響がなかったとしても、母体に影響が出た場合、必要な処置を取れないことや、流産の危険性があります。
この為、妊娠中の使用はなるべく控えるようにしましょう。
敏感肌に関しては、直接肌に触れるようなことが無くても、噴霧された精油で肌が荒れてしまう可能性もあります。
特に心配な方は、初めにお店でパッチテストをすることで、利用が可能かどうかが分かります。
以上のように、正しく使いラバンジンの効能を実感しましょう。